スペシャルティコーヒー豆の通販

ルワンダ「ガスーラ」フレンチロースト(200g)

1,512円(本体1,400円、税112円)

  • 挽き方
購入数

アフターまでしっかりクリーンでクリーミーな口当たり。ジューシーなコクが際立っています。
エチオピアとは違ったニュアンスの果実感が愉しめます。

生産者:ムカニャルワヤ・ダフローズ女史を中心とした8農家
所在:南部州フイエ郡キゴマ市カランビ地区ガスーラ集落
標高:1,850-2,000m
品種:ブルボン
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト

<コアカカ協同組合>
コアカカ協同組合はルワンダ南部のフイエ郡・ニャマガベ郡に位置する。この地域はナイル川の源流の1つであるニュングエ国立公園に近く、豊かな緑と雨に恵まれた地域。
この地域は元々コーヒー栽培が盛んな地域だったが水洗加工場はなかった。ルワンダ全土に水洗加工場が設立されていった2000年代に、カラマ、キニャマカラ、ルコンドの3村の農家がより品質の高いコーヒーを生産すべく団結し建設したのがこのカランビ水洗加工場で、コアカカ協同組合の始まり。
協同組合の理念には「メンバー全員が高品質のコーヒーを生産することで雇用を生み出し貧困を無くす事」が盛り込まれている。
地域全体を巻き込みながら成長している組合で、2003年に建設されたカランビに続き、2005年にはニャマガベ郡キビリジ地区にムガンザ水洗加工場も建設され、双方にて優れた品質のコーヒーが生産されている。

<ダフローズ女史>
ダーフローズさんの農地があるガスラはキニャマカラ山の北側斜面に位置する。キニャマカラは豊かな森であったこともあり腐食物が豊富な土壌で、肥料不足に悩まされることの多いルワンダのコーヒー農地において良い環境にある。
コーヒーノキは750本植えられえおり、ルワンダの平均的農家が200本程度であるのと比較するとコーヒー栽培に力を入れていることがうかがえる。実際、ダーフローズさんはこの地域では優れたコーヒー農家として知られており地域のコーヒー農家のリーダーとして活躍している。

<ポテト臭について>
ルワンダコーヒーから極まれにポテト臭がすることがあります。
ロースト後数時間おいて香りをかいでポテト臭がないことを確認してから販売していますが、
万が一ポテト臭がございましたらご連絡頂ければ無料で返品交換させていただきます。

おすすめ商品