ショップリード文

コスタリカ【ラ・ロカ】ラ・グラナディージャ シティロースト(200g)

1,728円(本体1,600円、税128円)

  • 挽き方
購入数


やさしく穏やかな酸味、密度のある質感と滑らかな舌触り。シティでもしっかりした味わい。

農地:ラ・グラナディージャ農地
所有:ウマーニャ一家(父エルマノス、長男フアン・カルロス、次男フェリックス、三男ダリオ)
所在:サン・ホセ州タラス市カネット・アリバ Cannet Ariva de Tarrazu
※Provinceを州、Cantoneを市としている
標高:1,850-1,950m
品種:カトゥアイ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

ラ・グラナディージャ農地:
<ラ・グラナディージャ農地>
2013年に土地を取得した際にはグラナディージャの畑であった(グラナディージャは酸が穏やかなパッションフルーツといった果物)。その一部にウェットミル設備用地としたが、残りの部分をコーヒー農地としていっている。取得当初はミル設備に資金を投じたためすぐにコーヒーを植えることができなかったが、徐々にコーヒーを植えていき、16-17クロップに極少量生産することができた。グラナディージャの木はシェードとして活用中だが、コーヒーの木が大きく育ってきたら取り除くとのこと。

ラ・ロカマイクロミル:
ラ・ロカの名はミルから望む Cerro La Roca (ロカ山)に由来する(Rocaは”岩”の意)。
2013年に取得したグラナディージャ農地の一部に2014年設立した。
一年かけて資金を工面しミルの設立にこぎつけたが、もっか借り入れの返済中。
ただ、無謀な借り入れではなかったようで、ケブラダ農地とエル・アルト農地の生産量が安定し生産量の見通しがたった上での投資で計画通り。
彼らが無理をしてまでミルの設立にこだわったのは、収入の向上を目指したのはもちろんだが、自分たちのコーヒーを生産したかったことが大きい。
コープにチェリーを持ち込むだけではどれだけ丁寧にチェリーを仕上げても、異なる品質のチェリーと混ぜられてしまいコープのコーヒーになってしまう。
コーヒー一族なのだから、自分達で栽培したチェリーを自分達で加工し、自分達のコーヒーとして扱ってくれる人に届けるという夢があった。

おすすめ商品